投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


剣山動画

 投稿者:伊東輝夫  投稿日:2017年 8月 2日(水)19時05分24秒
返信・引用
  先にアップロードした動画に不備が有りましたので再度アップロードします。

 

夏山収支報告

 投稿者:伊東輝夫  投稿日:2017年 8月 2日(水)17時18分7秒
返信・引用
  2017年からまつ夏山登山も皆様のご協力で無事終える事が出来ました。
本日8月2日夏山登山の収支報告を参加頂いた方々に郵送致しましたのでご確認ください。
また登山組の動画も併せてYouTubeにアップしましたのでご欄ください。
 

四国・剣山 ダイジェスト版 2

 投稿者:小原  投稿日:2017年 7月29日(土)18時56分6秒
返信・引用
  四国・剣山 の動画を ダイジェスト版 2


 

四国・剣山 ダイジェスト版 1

 投稿者:小原  投稿日:2017年 7月29日(土)13時00分52秒
返信・引用 編集済
  四国・剣山 の動画を ダイジェスト版 1 を youtubeにアップロード しましたのでおたのしみください。


 

極楽浄土もかく・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 7月28日(金)17時03分20秒
返信・引用 編集済
   四国・剣山は登山口から頂上まで、アプローチの短い楽しく登れる山の印象が濃いものだった。登山道は整備も行き届いていて苦労するところも無く、「快適だな・・・」そんな印象の50代60代の剣山登山だった。
 それが今回の70代の剣山はちょっと違った。登りにリフトを利用した。開けた尾根から眺められる楽しみの多い「尾根通しの道」は、休憩しても50分ほどだったが、ガスのせいであたりは見えず、脚力も衰えを感じた。

 3度目の頂上も「(まだ見ぬ)極楽浄土」さながらの光景を楽しめた。時折、姿を現す「じろうぎゅう(次郎笈)はただただ美しい。ところが、下りは快適なはずの登山道も足のもつれで「険路か悪路」かと思いつつ・・・大木からの霊気に救われ、ようやく登山口に降り立った。
 

夢 甲子園 3回戦で 散る

 投稿者:H.Y  投稿日:2017年 7月22日(土)10時46分51秒
返信・引用
   剣山 激ドライブの疲れにもめげず、炎天下の久宝寺球場に母校の応援に駆け付けました。

試合は、打力て゜は勝も、が しかし 守備力、走力の差で3対13と完敗の結果となりました。

また秋の大会を頑張り、春の選抜甲子園を目指しリベンジに期待しています。

試合後は、KIMU.Jiと二人のちょっぴり寂しい反省会となりましたが、最終的には大いに盛り上がってしまいました。
 

夏山遠征のあとは、母校の応援

 投稿者:H.Y  投稿日:2017年 7月17日(月)11時02分16秒
返信・引用 編集済
   連日猛暑が続きますが、幹事長様のおがげで、楽しみな夏山遠征まで明後日となりました。

今年も昨年に続き比較的ソフトな登山で、往復3時間、リフトを利用すれば半分ほどの行程になります。

とは言え信州と違い四国剣山、暑さ対策を十分に下山後の温泉を楽しみに日頃の悪い汗を思い切り流しましょう。


話は変わりますが、甲子園を目指す母校野球部

昨年は1回戦で悔しい逆転負けを喫しましたが、今年は打線が好調のようで、1回戦、伯太を13-3 2回戦、和泉大津を10-0で撃破し3回戦へと進んでおります。

7月21日(金) 3回戦 第1試合 久宝寺球場で 生野工 - 泉尾工

夏山遠征の翌日ですが応援に駆け付けませんか。

球場へは JR加美or久宝寺駅 近鉄、久宝寺口駅の各駅から1.2Km


2009.5 剣山 山頂にて

.
 

今年は例年の半分

 投稿者:H.Y  投稿日:2017年 6月19日(月)10時16分42秒
返信・引用
   盆栽の梅の木を譲り受け、たいした手入もしないのに、枯れることなく30数年が経ちました。

昨年秋、初めてプロの庭師に剪定を依頼しました。すると何故か2本ある梅の木の一本は花目が付かず、花が咲いた残りの一本は例年通り実がなり収穫をむかえました。

今年は7.2Kg の収穫となりました。
 

登山のわくわく感を・・・・

 投稿者:小島  投稿日:2017年 6月18日(日)07時40分53秒
返信・引用 編集済
   山らしい山に登らなくなって久しいが、Y君らのパーテイの普賢岳・英彦山登山の写真と記録を見ると、(両山とも登ったことはないが)毎年夏山登山に出掛けていた頃のように期待に胸膨らませていたわくわく感を感じた。
 「山、高ければ尊し」ではない、山の価値と登山の醍醐味を味わえたのではないか・・・Yパーテイ登山報告を楽しませてもらった。
 

英彦山、雲仙普賢岳登山 その2

 投稿者:Yドベル  投稿日:2017年 6月 8日(木)11時27分18秒
返信・引用
   6月5日 晴れ   雲仙普賢岳

嬉野を7時30出発。 諫早の市街地を抜けるのに時間がかかり、昨日の疲れもあり、全員一致で仁田峠から妙見岳直下までロープウェーのお世話になる。
終盤を迎えたミヤマキリシマの外輪山を国見岳直下で鬼人谷に下る。風穴過ぎ立石の峰に登ると、大噴火で普賢岳より124mも高くなった溶岩ドームの平成新山(まだ登れない)の縁を通り普賢岳山頂に着く。
出発から3時間で仁田峠に戻る。 温泉街の雲仙地獄を散策し南島原の原城温泉へ

6月6日 曇り

口之津からフェリーで鬼池に渡り、パールライン、天草五橋をドライブし熊本から九州自動車道を新門司港へ 17時30分出航 船内にて反省会

6月7日 雨

小雨のぱらつく泉大津に6時入港、7時鶴橋にて解散。


仁田峠より普賢岳と平成新山

手前左が普賢岳山頂、奥が平成新山

普賢岳山頂
 

/168