teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: Knebworth IIの録音者について

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 6月12日(土)16時01分17秒
返信・引用 編集済
  > No.1543[元記事へ]

☆ LZ50さん

LZ50さんにご指摘していただいた「写るんだ」ではなく、「映るんだ」がポイントですよね。

永遠の詩が始まり、超巨大バックスクリーンにジミーの大アップが映し出される
この時、録音していることも忘れ、思わず「映るんだ」との呟いてしまう
彼女達の記事にも、この時の様子が詳しく描写されているので、悪口が多いですが、
感動的な場面だったのでしょう

この後、彼女達の声は聴くことができないと思います。
単なる旅の思い出としての録音ではなく、自分達の声を拾うことなく、
貴重な記録としての録音を心がけていたのだと思われます。
 
 

Re: Knebworth IIの録音者について

 投稿者:LZ50  投稿日:2021年 6月12日(土)15時35分54秒
返信・引用
  > 1980年当時、女性だけの編集者のINROCKという音楽雑誌が販売されていました。
> この雑誌の中に、1979/08/11の観戦記が掲載されていました。

私もこのネブワース特集号を所持しております!(^^)!
この雑誌ですが70年代末において“ジャパン”とか“チープ・トリック”命!のアイドル雑誌だったのですがその中にZEP!までをも含めて頂けたという、パンクやニューウェイヴ全盛の時代にあって三十路過ぎのZEPを応援してくれたことに対して本当に有難かったです。
そういえば70年代の少女マンガには、やたらとジミー・ペイジ(もどき)と、ロバート・プラント(もどき)が出てきてましたね・・・(時は残酷・・・)

> 『それでもZEP見たさに、大きなテープ・レコーダーを片手に最前列でがんばった』と書かれています。
> Knebworth IIの録音者は、彼女達ではないかとずーっと勝手に思っています。

はぁ~・・・(感心)確かに線と線が繋がってきますよね?
Starshipさまの推論は本当に素晴らしい!私もそう思いたいです!!
 

INROCK

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 6月12日(土)09時39分27秒
返信・引用
  以下が記事の続きです。  

Knebworth IIの録音者について

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 6月12日(土)09時32分7秒
返信・引用 編集済
  1980年当時、女性だけの編集者のINROCKという音楽雑誌が販売されていました。
この雑誌の中に、1979/08/11の観戦記が掲載されていました。
記事の中に興味深い内容があります。
『それでもZEP見たさに、大きなテープ・レコーダーを片手に最前列でがんばった』と書かれています。

Knebworth IIの録音者は、彼女達ではないかとずーっと勝手に思っています。

DVD化もされたあのネブワースのスクリーンを見ていた日本人の女性の声が記録されていると想うだけで、何かグッとくるものがあります。
 

Re: Going to California

 投稿者:LZ50  投稿日:2021年 6月11日(金)23時06分29秒
返信・引用 編集済
  > No.1539[元記事へ]

> The Song Remains The Same の 1:33 です。

あっ!ココの部分の観客ノイズですがアナログブートで聴いていた当時から覚えあります!
でも、ここが日本人女性の声?だなんてまったく気にもしていませんでした。
よくある空耳では?って思いつつ、繰り返しリピートさせていただきましたが・・

> 左のチャンネルから、"うつるんだ”と、私には聞こえます。

私にもそのように聴こえます(笑)がココの発音・・イントネーションが外人ぽくないですよね?
そして、この"うつるんだ”なんですが・・・

http://www.tightbutloose.co.uk/wp-content/uploads/2016/08/12.jpg

すなわちステージ奥の超巨大バックスクリーンを観て思わず"映るんだ”と呟いた!・・・と解釈しておきます(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=kKIbCNBzI-k

(ちなみにこの日は“New Barbarians”含め、前座には、PGの意向もあってかバックスクリーンは、日の入りに入っても使わせてもらえてないようです。)

この音源ソース元は、新宿の業者が録っていた!って話も聞いたことありますので日本人女性(同行者?)の信憑性ありますよね!
長年の疑問がお陰さまで晴れました。有難うございました。

 

Re: Going to California

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 6月11日(金)22時07分8秒
返信・引用 編集済
  > No.1538[元記事へ]

☆ LZ50さん

> 若い日本人の女性の声

The Song Remains The Same の 1:33 です。
http://starship.mydns.jp/zeppelin/beauty/disp/boot.jsp?R_idx=2458

左のチャンネルから、"うつるんだ”と、私には聞こえます。

 

Re: Going to California

 投稿者:LZ50  投稿日:2021年 6月11日(金)15時19分0秒
返信・引用
  > No.1537[元記事へ]

コチラは、アナログからそのままリッピングしております!
https://www.guitars101.com/threads/led-zeppelin-%E2%80%8E%E2%80%93-knebworth-ii.756613/

> 若い日本人の女性の声も入っていて、オー、日本からあの場所へ行ったんだととても感動しました。

「Knebworth II 」のこの逸話聴いたことがあるのですが・・・お恥ずかしながら未だにどの辺りで聴けるのか?を承知しておりません~

Starshipさま!どの辺りで・・そして何と言葉を発しているのか?を教えていただけないでしょうか?
 

Re: Going to California

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 6月11日(金)10時11分32秒
返信・引用 編集済
  > No.1536[元記事へ]

☆ LZ50さん

>LA.FORUM
キニーの店舗で聴いたのは、まさにこのブートでした。
タイトルとジャケがデタラメなのに、中身は凄いという印象でした。

>KNEBWORTH Ⅱ
このジャケを見るだけで、当時のいろいろな思い出が蘇ります。
1980年4月には、店頭に並んでいました。
ZEP現役時代の最新音源で、インスルーからの新曲も聞けるといことで、心ときめきました。
若い日本人の女性の声も入っていて、オー、日本からあの場所へ行ったんだととても感動しました。
 

Re: Going to California

 投稿者:LZ50  投稿日:2021年 6月10日(木)23時42分12秒
返信・引用
  > No.1535[元記事へ]

> その後、1980年、西新宿キニーの店舗で聴いたこの日の音源が、音質がとても良くびっくりしました。
> 今回のこのTMOQ音源とほぼ同じものだったと思われます。


私がこの音源を初めて聴いたのは1981年頃でジャケットは77年USツアー時のカラー写真が使用された「LA.FORUM」というタイトルのブートでした。

https://livedoor.blogimg.jp/yopparaishibuya/imgs/5/b/5be63ddc.jpg

私も西新宿の今は亡きブート専門店「キニー」で購入しましたがそれ以前には私のZEP初ブートとなった79年8月11日「KNEBWORTH Ⅱ」を手に入れて聴いてみたのですが「狂熱のライヴ」の映像&サントラ盤に洗脳されていた自分には「これってホントに同じメンバーで演奏しているの?!」とショックを受けたことも今となっては懐かしいですね~

 

Re: Going to California

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 6月10日(木)22時31分59秒
返信・引用 編集済
  > No.1533[元記事へ]

☆ LZ50さん

「Going to California」LPの新リッピングのご紹介ありがとうございます。

私が一番最初に聴いたブートは、1977年、下の写真の「Going to California」LPで、レーベル名も無く、音質の良くないものでした。
その後、1980年、西新宿キニーの店舗で聴いたこの日の音源が、音質がとても良くびっくりしました。
今回のこのTMOQ音源とほぼ同じものだったと思われます。
その時は、アールズコートのLPを購入し、スキップしてしまい、その後手に入らずという悲しい経験をしました。
 

Re: 1975/01/18 SBD

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 6月10日(木)08時55分1秒
返信・引用 編集済
  > No.1531[元記事へ]

☆ はっとりくんさん

Captain Acidさんによるリマスター版は、ストーンズ等、t.t.d(The Trader's Den)で、よく見かけます。

Bloomingtonは、AUDの補填バージョンが3種類以上はリリースされたでしょうか。
ブートの音の好みは人それぞれですので、いくつもリリースされて聴き比べが楽しいです。
 

Going to California

 投稿者:LZ50  投稿日:2021年 6月10日(木)08時22分29秒
返信・引用
  Dogs of Doom の最新プロジェクトは、伝説の「Going to California」ブートレッグのまったく新しい高品質ビニールのリッピングです!

https://mega.nz/folder/lR8EmLyb#bR_dMWIlSgjVP4b1JGMTrg

“According to legend, the taper destroyed his masters by throwing them into the Pacific Ocean in a fit of paranoia. ”

この伝説が事実なら残念ではありますが1975Bloomington AUDみたいにバークレー2日目AUD完全収録も発掘されたら嬉しいです!(^^)!
 

Re: 1975/01/18 SBD

 投稿者:はっとりくん  投稿日:2021年 6月 9日(水)13時48分49秒
返信・引用
  BloomingtonはEVのリリースで雨後の筍のごとくリマスター版が出てますね。今回初めて知ったのですが、Captain Acidという人も手を加えています。
ピッチの修正は必要なかったけど音程が少しずれていたそうで。
ストーンズやボブ・ディランの音源をリマスターしてる方の様ですので、ストーンズ・ファンはご存じなんでしょうか。

ん~、でも音の好みはdadgadかなぁ。dadgadのSBDはAcidより高音を抑えてあって、Wanton SongのAUDについてはAcidは若干割れてる感じが。って、すみません、つまみ食い(聴き)で書いてます。
 

Re: 1975/01/18 SBD

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 5月26日(水)11時11分57秒
返信・引用
  > No.1529[元記事へ]

☆ LZ50さん

非公式の音源ですから、いろいろな部分で至らないのはしょうがないことですね。
世の中に出してくれたことに感謝々の気持ちです。
でも長かったな~、演奏してから46年も経過しております。

>Led Zeppelin Experience
昔からライブ音源については、慎重かつなかなか皆の合意がとれないバンドですから、
今回も行き詰っているのではないかと想像しています。
 

1975/01/18 SBD

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 5月18日(火)22時59分50秒
返信・引用
  今週のEVの新作は、'75 MinneapolisのSBDのようですね。

https://forums.ledzeppelin.com/topic/28499-evsd-unveiling-new-sbd-may-21st/

BREAKING: Jesus Blue Box contents revealed. Brand-new SBD. Historic release! Levee!! No pics yet.

Led Zeppelin Jesus Blue Box LTD 2CD+ bonus 4CD $398
LTD 100 copies numbered
Empress Valley Supreme Disc

Met Center, Bloomington, Minn.
January 18, 1975
EVSD-1280~81
Superb Soundboard Source

CD1
Intro / Rock and Roll / Sick Again / Over the Hills and Far Away / When the Levee Breaks / The Song Remains the Same / The Rain Song / Kashmir / The Wanton Song
CD2
No Quarter / Trampled Underfoot / Moby Dick / In My Time of Dying / Stairway to Heaven / Whole Lotta Love / Black Dog

Bonus (A) 2CD
Met Center, Bloomington, Minn., January 18, 1975

Audience Source
CD1
Rock and Roll / Sick Again / Over the Hills and Far Away / When the Levee Breaks / The Song Remains the Same / The Rain Song / Kashmir
CD2
The Wanton Song / No Quarter / Trampled Underfoot / Moby Dick / Stairway to Heaven

Bonus (B) 2CD
Vorst Nationaal, Brussels, Belgium, January 12, 1975

Audience Source
Rock and Roll / Sick Again / Over the Hills and Far Away / When the Levee Breaks / The Song Remains the Same / The Rain Song / Kashmir / Wanton Song / No Quarter / Trampled Underfoot
CD2
In My Time of Dying / Stairway to Heaven / Whole Lotta Love / Black Dog / Communication Breakdown
 

Re: 1975.01.18 Minneapolis

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 5月 1日(土)17時12分1秒
返信・引用
  > No.1526[元記事へ]

☆ LZ50さん
SBDの方も早くリリースして欲しいですね。
Minneapolisは、珍しいセットリストなので、より高音質な音源を期待したいです。
やはり、LeveeとWantonは何度も聴いてしまいます。
 

Re: 1975.01.18 Minneapolis

 投稿者:LZ50  投稿日:2021年 4月29日(木)22時46分31秒
返信・引用
  > 1975.01.18 MinneapolisのAudience録音が発掘されました。
> In My Time Of Dying, Whole Lotta Love, Black Dogとが欠落していますが、
> 良質な音で楽しめます。

starshipさま アップ方を有難うございます。昨年に1975US初日のSBD音源が一部のみ流出でその後が気になっていましたが、まさかこの日のAUD音源が存在していて、公演の概要がほぼ聴けるなんて・・ウォームアップ公演のブリュッセルと同様に“When The Levee Breaks ”“The Wanton Song ”のWレア曲がメンバーのコンディションが良い状態で聴けるのが嬉しいですがこれに触発されて、SBD音源もコンプリートで聴けたらいいですね?

 

1975.01.18 Minneapolis

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 4月29日(木)21時55分53秒
返信・引用
  1975.01.18 MinneapolisのAudience録音が発掘されました。
In My Time Of Dying, Whole Lotta Love, Black Dogとが欠落していますが、
良質な音で楽しめます。

http://starship.mydns.jp/zeppelin/beauty/disp/boot.jsp?R_idx=2836

The Dogs of Doomによる発掘シリーズは凄いですね。
 

Re: 1975.01.25 8mm film (NEW FOOTAGE)

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 4月28日(水)08時18分2秒
返信・引用
  > No.1523[元記事へ]

☆ LZ50さん

綺麗な映像のご紹介ありがとうございます。

「LED ZEPPELIN Blu-ray」がリリースされれば嬉しいですね。
Seattle'77、Earl's Court'75、Knebworth'79の完全版は、
ヤル気があればできそうですが、長い間放置状態ですので諦めかなと思っています。
 

Re: 1975.01.25 8mm film (NEW FOOTAGE)

 投稿者:LZ50  投稿日:2021年 4月27日(火)09時24分47秒
返信・引用
  > とても短くて残念ですが、綺麗な映像が発掘されました。

AI技術か?何なのか?わかりませんけどデンマークレィディオカラー動画完全版です!!

https://drive.google.com/file/d/1xc2u1w-A8cKPGPHCIMRdp04_ojWyX7CF/view

ジミー以外のお二人のソロ活動でさえもコロナ禍にあっては、ジミー同様に隠遁状態となってしまい、元メンバーのニュースも聞けなくなって久しいですね?
2003年の西部開拓史& DVDリリースからもう18年にもなりますが「LED ZEPPELIN DVD」・・・当時は、「ダサいタイトルやなあ~」って思ったものでしたがカラー化含めた画質の向上及び新たな未発表動画を追加収録した「LED ZEPPELIN Blu-ray」リリースを是非ともお願いしたいものですね!
 

1975.01.25 8mm film (NEW FOOTAGE)

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 4月26日(月)08時11分5秒
返信・引用 編集済
  とても短くて残念ですが、綺麗な映像が発掘されました。

 

Re: (無題)

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 4月17日(土)09時36分35秒
返信・引用 編集済
  > No.1520[元記事へ]

☆ shunさん

ご希望に沿えなくて大変申し訳有りませんでした。
サイトの更新作業を続けていきますので、ご購入の際の参考にしていただければ幸いです。
今後もよろしくお願いいたします。
 

Re: (無題)

 投稿者:shun  投稿日:2021年 4月16日(金)21時23分36秒
返信・引用
  > No.1519[元記事へ]

Starship様

ご返信ありがとうございます。
承知しました。
音源を聴いて選んでみます。
色々と参考になります。
ありがとうございます。
 

Re: (無題)

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 4月10日(土)09時01分1秒
返信・引用
  > No.1518[元記事へ]

☆ shunさん

はじめまして。
ご訪問ありがとうございます。

ブートの決定盤のご質問ですが、私にはその決定盤を判断することができない故に、
1枚でも多くのブートを掲載し、ジャケットの表と裏、そしてサンプル音源を紹介している次第であります。
ご質問のご回答ができなくて、申し訳ありません。

ブート選びは難しいので、同じようなものを何種類も所有してしまうという泥沼にははまらぬようお気を付けくださいませ。
 

(無題)

 投稿者:shun  投稿日:2021年 4月10日(土)00時31分7秒
返信・引用
  初めまして。
沢山の音源を載せていただいて大変参考になります。

恐れ入りますが質問させていただきます。
924と72/6/27のロングビーチ、For Badgeholders Onlyの購入を検討しているのですが
各公演どの盤が決定盤でしょうか?
For Badgeholders OnlyはLHの2種のどちらかとGraf Zeppelinで考えています。

よろしくお願いいたします。
 

Re: Landover 1977 Live Album

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 3月31日(水)12時29分26秒
返信・引用 編集済
  > No.1515[元記事へ]

☆ LZ50さん

ZEP版“Swan Song”のご紹介ありがとうございます。
これも新しい技術で生まれた産物なのですね、有難く感謝したいです。

Swan Songは、正にジミーの世界だなーと思いつつ聴き始めても、
途中でポールロージャースの声も頭の中で鳴ってしまい、ええっ?!と思い、
複雑な心境になってしまいました。
 

Re: Landover 1977 Live Album

 投稿者:LZ50  投稿日:2021年 3月30日(火)21時57分24秒
返信・引用
  > No.1514[元記事へ]

>合っていない録音をマルチトラックからのリミックスで、ココまで演奏がリンクできるなら、ライブ録音でも、SBとオーディエンスのリンクはいつかできるのではないかと思うようになったのです。

ライブでの卓録&AUD音源のMIXとは趣旨が異なり恐縮なんですが・・・1974年のフィジカルセッション時でのジミーとボンゾだけで録音した“Swan Song”ベーシックトラックにジミーのホームデモをミックスした“Swan Song”がアップされておりました。

https://www.youtube.com/watch?v=yrKqItUfWmw

それぞれのパートが撮られてるだけの“Swan Song”ホームデモ音源をブートで忍耐強く聴いたことがあるのですがこうしてZEP版“Swan Song”として(ファームバージョンの流れに沿ってはいるものの)1曲聴けたことに同じく編集された方に感謝です!
 

Re: Landover 1977 Live Album

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 3月30日(火)13時28分46秒
返信・引用
  > No.1513[元記事へ]

☆ marさん

オーディエンスとSBミックスについての書き込みありがとうございます。
分かり易く解説していただいて、感謝いたします。

会場録音とSBのミックス音源は、EVからフライングサーカスの日もリリースされています。
http://starship.mydns.jp/zeppelin/beauty/disp/boot.jsp?R_idx=2371

>「作る人のセンス」と「ライブの臨場感」というものをよくわかってらっしゃる
単にハードウェアやソフトウェアの操作だけではどうにもならない職人技の世界になってきますね。

>「いにしえのフライングディスク」MIX
私も聴き直してみたいのですが、フライングディスクのどの作品を指しておられるのでしょうか。
 

Re: Landover 1977 Live Album

 投稿者:mar  投稿日:2021年 3月30日(火)09時21分49秒
返信・引用
  > No.1512[元記事へ]

いろいろありがとうございます。
少し落ち着いてきましたね。

折角の機会ですのでメモがわりに書いておきますと、オーディエンスとSBミックスのアイディアは元々は私がコンサートなどの録音仕事をしてたことに始まります。会場にマイクを2本立ててデッキで生撮りしてたわけなんですが、その際PAの方に「2ミックスを卓から出してあげるよ」と言われたのですが(バンド経験者なら皆さま御存知のように)PA録音というのはライブのよさが全然録れませんね。ですので私は「卓音源が好きじゃないので会場でステレオで録るのです」と言ったところ、PAの人が「マルチトラックが必要だが、本来なら卓の2ミックスと会場音をミックスするのが正しいのだ」と言われたのですね。
それがヒントになり、その次に当時のカセット宅録製品だった「TASCAM244」を持っていって実際に卓の2MIXとステレオの会場音を同時録音してみたのですよ。それを持ち帰って聴いてみたところ、もう売ってるライブ盤みたいな(笑)素晴らしい音になっていたのです。

そのことを覚えていて、ZeppのSB音源がCDでリリースされ始めた時、同じ日のオーディエンスがあるならミックスできるのではないかと思ったわけです。1曲だけ試しで作ってみた、と書きましたが、それは1980チューリヒのHeartbreakerでした。厳密にリンクは難しかったのですが、所々で一瞬だけ合うのです。そうすると合った部分のみですが素晴らしい臨場感のライブ盤になりまして、これは素晴らしい!となったわけですね。心配してた演奏面でも、ジミーの粗さは気にならないレベルになっていたし、何より臨場感でそんなことどうでもよくなりますw

ちょうどその頃でしたか、ビーチボーイズのペットサウンズ新ステレオ盤とビートルズのイエローサブマリンソングトラックがリリースされました。どちらも元々のマルチトラックまで立ち返って、その後のリダクションミックスとリンクさせて完成させた「新」ステレオミックスですね。

時系列としては合っていない録音をマルチトラックからのリミックスで、ココまで演奏がリンクできるなら、ライブ録音でも、SBとオーディエンスのリンクはいつかできるのではないかと思うようになったのです。きっと私だけでなく、レコーディング経験のある人や知識がある人はみんな思いついたのではないかと思います。あとはその際に使用する機材が「一般人が使えるレベルまで」安くなるのを待つだけでした。

記憶が定かではないですが、会場録音とSBのミックス音源は10年くらい前から出てましたよね。10年前と現在では機材関係のスペックが全く違いますから、出来上がったものの完成度も違うわけですね。
あとすごく大事なのが「作る人のセンス」です。今の方々は「ライブの臨場感」というものをよくわかってらっしゃる音がします。私のサイトで「いにしえのフライングディスク」MIXが好みだと書きましたが、あれらもZeppelinの音をよくわかってる方が制作したのだろうと想像してます(彼らが加工したのであれば)。


というような雑感ですが、書いてみました。

> ☆ LZ50さん
>
> 技術の進歩によって、今までできなかったことが可能になる。
> 現在ある素材のみの利用でも新しいモノが生まれて来る。
> 素晴らしいですね、'77デストロイヤーの日の2Daysも可能でしょうか。
> あの映像と共に作成していただければ、歓喜です。

http://led-zeppelin.music.coocan.jp/

 

Re: Landover 1977 Live Album

 投稿者:StarShip  投稿日:2021年 3月18日(木)08時01分42秒
返信・引用 編集済
  > No.1510[元記事へ]

☆ LZ50さん

技術の進歩によって、今までできなかったことが可能になる。
現在ある素材のみの利用でも新しいモノが生まれて来る。
素晴らしいですね、'77デストロイヤーの日の2Daysも可能でしょうか。
あの映像と共に作成していただければ、歓喜です。
 

レンタル掲示板
/49